FC2ブログ

WoWoのブログ

漫ろ言、絵の話、感想など。気楽に書き込んでくださいな。 メルフォのレスは時々「コメント」の方ででお返ししてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムーン26話

いやーあ。終わってしまいました。
番組が終わってここまで寂しかったのはシムーン初めてかもしれません。

後、シムーンのスタッフ、本当にお疲れ様でした!という気分がいっぱいです。
素晴らしい作品見せてくれてありがとうございます。

んではネタバレ多いので続きはこちらから:
(ちなみに∀ガンダムの最終回のネタバレもありますので注意!)
なんか26話で1話に戻った気がしました。
主人公達は最初から最後まで、本当に世界の1部だけであり、
「世界を影響するもの」ではなかったですね。

シムーンは時空を超えるとか永遠の少女とか色々ぶっとんだ
設定がありますが、最後には私たちの地球と同じに、
始まりは何かの終わり、そして終わりは何かの始まり。
永遠に続く人間と歴史という物の「らせん」。
本当に見終わった時に切ない気持ちがいっぱい込みあがってきました。

主人公達のアーエルとネヴィリルは、
最終回なのに本当にセリフが少なく、その上にけっこう日常的なセリフでした。
最後のセリフはグラギエフの「良い風」ですしね!
シヴュラ達のセリフとか切ないし、
ドミヌーラとリモネ泣けるし、
アーエルとネヴィリルは本当に、視聴者からも
「別の世界」に行ってしまわれて、
その不安定の「希望」というものを立体化したような
存在になってしまいました。

そういう感じですが、
本当に面白かったです。
幅が利く作品かどうか分かりませんが、
今までみた作品の中ではかなり新しい何かにチャレンジしてる!
というのを強く感じました。でもまだ実験のレベルでしょうかね。
シムーンは、フレンチフィルムをSFファンタジーアニメに混ぜたような、
とても不思議な作品でした。
後キャラクターがとても魅力的だったし、地味なロードレでも、
なんか物凄く存在感がありました。皆の日常を見るのが面白くて、
本当にもっと見たくて、それができないから切ないですね。
戦争で死んだり、粉になって消えてしまいそうだし...
∀の最終回のディアナ様の死(と私は見ましたが)のあの気持ちが12人分も。(笑

このスタッフの次の作品、楽しみにしてます。


そしてフロフと結婚したい。(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wowoblog.blog58.fc2.com/tb.php/127-31938062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。